日本三大酷道の1つ。高知県にある国道439号線を車で走行

一応言い訳しておきますが、自ら通ったのではありません。

ナビが言ったんです。439を進めと。あんなに酷道だとは思いませんでした。

日本三大酷道
①国道439号線
徳島県徳島市から高知県四万十市に至る国道
②国道425号線
三重県尾鷲市から和歌山県御坊市に至る国道
③国道418号線
福井県大野市から長野県飯田市に至る国道

通称ヨサクと呼ばれる国道439号線は、徳島県徳島市から高知県四万十市を結びます。

今回(次回はありませんが)、高知県の県道337号線側から国道381号線への接合部分まで通りました。

走り始めは普通にのどかな道。

アジサイの季節。

「大正まで30km」

そっかそっか。

まさかの通行止め。

「700m手前。迂回路有」と張り紙がしてありましたので、農道のような道を通りました。

良い景色。

大変なのはこの後から

杓子峠

なんか様子がおかしい…

どう見ても車1台しか通れない。

狭くてカーブがきつい。

このおにぎり標識。

曲がっているのは、わざと?

小さい落石もいっぱいだし、、いや、これ国道じゃないでしょ。

こんなぐねぐね道。生きて帰れる気がしない。

高知県

Posted by z