史跡土塔の頂上を公開「行基をたずねて」春季堺文化財特別公開

土塔に登ってきた・お花見の続きです


土塔に登ってきました。

動画はこちらから

史跡土塔

土塔は、堺出身の奈良時代の僧、行基が建立したとされる四十九院のひとつ、大野寺の仏塔です。

平安時代の「行基年譜」には神亀4年(727年)の起工とあり、鎌倉時代の「行基菩薩行状絵伝」にも、本堂・門とともに「十三重土塔」と記された塔が描かれています。
発掘調査によって土を盛り上げた一辺53.1m、高さ8.6m以上の十三重の塔で、各層には瓦が葺かれていたことがわかりました。また、「行基年譜」と同じ「神亀四年」と記された軒丸瓦も出土しています。現在の姿は全体を盛土で保護し、十二層まで復元したものです。

土塔から北西約160mのところには土塔に使われた瓦を焼いた窯跡が2基見つかっています。また、約460m北方には行基が天平13年(741年)以前に造った薦江池(こもえいけ)ではないかと考えられる「菰池(こもいけ)」というため池もあります。



土塔を造った僧 行基

遺構の再現


ここでは発掘調査の遺構検出の状況を再現しています。築かれた当初の瓦葺は残っていませんが、基壇・初層・二層・三層の南東角や層の境が茶色や灰色の粘土の並びで確認できます。初層の奥の瓦は築かれた当初のものではなく奈良時代後半に補修されたものです。

外周には丸瓦や平瓦を積み上げた基壇の外面の化粧が残っていました。本来は1.2mの高さがあったと考えられますが、手前には崩れ落ちた大量の瓦が散乱していました。



中世の遺構

土塔に沿って東西に延びる素掘りの溝で大量の瓦が出土しました。

土塔の復元

発掘調査では十三層の形状が明らかにならなかったため、ひとつの可能性をこの模型で示しています。
十二層には直径約6mの円形に粘土が並んでいたことから、十三層は饅頭型の土壇の上に八角形の木造建物を復元しました。また、出土した遺物から木造建物には陶製の相輪があったと考えられます。建物の形状は、法隆寺夢殿(奈良県斑鳩町)や栄山寺八角堂(奈良県五條市)、室生寺五重塔(奈良県宇陀市)を参考にしています。

瓦葺と文字盤

土塔には、全面に瓦が噴かれていました。その数は約60,000枚にもなります。また各層の垂直面にも瓦を立てて雨風による盛土の崩壊を防いでいたようですが、葺かれていた瓦の制作年代から、室町時代まで瓦葺きの補修が行われていたことが分かります。

土塔からは、文字を記した瓦が約1,300点出土しています。大半は人名で行基と共に土塔を建立した「知識」と呼ばれる人々の名と考えられ、男女を問わず僧尼や氏族の名前も見られます。

土塔の盛土工法

土塔は土を盛り上げてつくられています。はじめに地面を水平に整地し、タテ30cm、ヨコ20cm、厚さ10cm程の大きさに揃えた粘土の塊を、各層の輪郭となる位置に並べて正方形の枠をつくります。この枠の中に土を詰めた後、さらに枠を積み上げて上層をつくるという作業を繰りかえしています。

ここに展示しているのは、西面の六層から九層にかけての断面を転写したもので、積み上げた粘土が土塔を上下に貫く柱のように見えます。




堺市土塔土地区画整理事業竣功記念碑

大門池

土塔の敷地内にある池。ここの池の用途は不明。

てっきり行基さんが作ったのかと思っていましたが、行基が作ったのは菰池(こもいけ)なので違うのかなあ?

大阪府関西

Posted by z