富士山麓電気鉄道のモ1形電車

河口湖駅前広場に展示されています。
富士急行の前進である「富士山麓電気鉄道」が1929年(昭和4年)の開業に際して新造した車両。

この鳥居は何の意味があるんだろう。他の人の画像を見ると恐らく2016年以降に後付けされた模様。
インバウンド期待で作ったのかな?知りませんが無い方が良い!

晴れていれば「富士山+モ1形電車」写真を撮ることができます。

モ1号からモ5号までの5両が制作され、富士山に向かって走る日本有数の急こう配路線用として、電気ブレーキや砂まき装置を整備するなど、急こう配対策を万全に施した。当時の最新鋭車両であった。

本展示車両は富士急行創立60周面記念事業にて、上田丸子電鉄(上田電鉄)に譲渡されていた車体を引き取り、整備・復元したものである。

手書きの設計図!すごいなあ。

テキストのコピーはできません。