【宿泊記】行田天然温泉ハナホテル行田のツインルーム

2018年に水城公園の南側に建てられた、新しいホテルです。

館内、温泉大浴場、朝食バイキングの様子はこちらから

ツインルームの広さは21㎡。
ドアを開けるとハンガーコーナー。

荷物を置くクロームバッゲージラックやタオル掛けを広げても余裕があります。
加湿空気清浄機は全室標準装備。

130cm幅のベッドが2台。定員は大人4名。すっきりとした印象。

ツインルームなのにソファ1脚とオットマン1脚。
位置も微妙。
2人でテレビを見る時は移動させた方が良さそう。

テレビは40インチ。
下には空の冷蔵庫、コップ、ドライヤーが入っています。

テーブルの上にはポットと微妙なライト。

和洋室はバストイレは別々でしたが、ツインルーム以下は普通のユニットバスになります。

和洋室にも泊まったことがあるせいか、お風呂を見たとたん「ランクが落ちた」感。
また、和洋室からは水城公園が見えましたが、ツインルームからは普通の風景でした。
とても残念。

恐らく、エレベーターを降りて手前側が水城公園側になるので、
希望があれば早めに電話で聞いてみると良いかと。

テレビは大地震の時は吹っ飛んでくるし、せっかく新築で建てたのだから壁付けにしてほしかったなあ。
鏡も然りで全身写る鏡が良かった。
と、イヤな感想ばかり並べましたが、ツインルームはお値段が張るので期待してしまうんですよね。ど庶民なもので。

館内、温泉大浴場、朝食バイキングの様子はこちらから

テキストのコピーはできません。