京都 本願寺水道水源地と義経大日如来

本願寺水道は、明治30年(1897年)に琵琶湖疎水の設計者である田辺朔郎氏の設計・指導の元に完成した東本願寺の防火用の水道になります。

※東本願寺は、江戸時代に4度の火災に遭っている

ここ蹴上から取水し、八坂神社、建仁寺、五条大橋、そして東本願寺まで全長4.6km。
高低差は48mにも及び自然の水圧を利用しています。

100年以上経った現在では老朽化により止水されていますが、修復が期待されています。

琵琶湖疏水とは | 日本遺産 琵琶湖疏水(びわこそすい)

義経大日如来

ここの地名「蹴上」の由来となった場所です。

時は平安時代。

  1. 源 義経は奥州へ向かう途中で平家の一団と遭遇
  2. 平家の1人が誤って馬で泥水を蹴り上げ。義経の服に付く
  3. 義経、激おこ。皆殺し
  4. 村人が九体石仏を設置
  5. 義経、反省
  6. 「蹴上」の由来となった模様

隣には慰霊碑

京都 琵琶湖疏水建設工事の慰霊碑
琵琶湖疏水建設工事の第一トンネルの17人の殉職者のための慰霊碑。琵琶湖疎水の設計者である田辺朔郎氏が私費で建てたそう。コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、Fg2だと推定されます(著作権の主張に基づく) - コンピュータが読み

アクセス

蹴上駅から徒歩3分。蹴上インクラインを上った先にあります。

テキストのコピーはできません。