【宿泊記】長崎 稲佐山観光ホテル

長崎:稲佐山(標高333m)の中腹に建つ稲佐山観光ホテルに泊まってきました。

日本三大夜景(函館、神戸、長崎)を見ることができます。
ホテルの駐車場からも見えますが、やはり屋上やお部屋からの方が見応えがあります。

館内

広くて清潔感があります。

ロビーの横にある喫茶「あるへい」

「長崎龍踊り」が展示されていました。

1階に売店と自販機。

自販機の横には、長崎出身の横尾監督の映画「こはく」のサイン入りポスターが展示されていました。ロケ期間中は稲佐山観光ホテルを利用したとのこと。

スマホ充電器(有料)と、自由に使えるデスクトップパソコン。

浴衣は自由に選ぶことができます。

私は曙館6Fに泊まりました。6階と言っても本館1階とつながっているのでレストランは階段なしで行けますし、展望風呂も近いので便利でした。

お部屋への道中も緑が見えて素敵。

お部屋は曙館ツインルーム ハーバービュー

全室禁煙になります。
広さは32㎡でゆったり。スーツケースも余裕で広げられます。

冷蔵庫にはおいしいお水が入っていました。その横に買いこんできたビールを詰めまくり。

お部屋のバスルームは普通のユニット。大浴場があるので問題なし。

長崎の景色を一望。写真よりも良い眺め!

夜景もソファに座ったまま見ることができます。

大浴場

温泉ではなく白湯になりますが気持ち良かったです!

展望大浴場

景色が良くてのんびりできました。

内風呂

テキストのコピーはできません。