沖縄 万座毛に行ってきました

2020年に再開発され万座毛周辺活性化施設となり、入場料が100円かかるようになり、営業時間も「8:00~20:00」となりました。詳しくは公式サイトで。

別名「万座毛(まんざもう)石灰岩植物群落」。
崖の上は広場。コウライシバやタイワンカモノハシが生い茂り、自然の芝生が広がっています。

「象の鼻」のような岩が見えます。高さは約20mの崖。

岩の向こうに釣りをしている人がたくさん居ました。
駐車場のトイレの脇から行くらしいです。

エメラルドグリーンのきれいな海。

ここは自●の名所。あちこちに「立入禁止」の看板があります。

岩(琉球石灰岩)がゴツゴツ。

まさに自然は偉大。

「ハブ注意!」。この上に登っていた(アホな)大人が数人いました。

ここからはANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテル・万座ビーチ・美ら海水族館がある本部諸島も見えました。

古めかしい懐かしい感じのお土産屋さんにはムームーやシーサー・三線などが販売されていました。

至るところに木の実。パイナップルに似てますがアダンとかいう別種とのこと。

入場料アクセス

駐車場無料

第1駐車場はいっぱいでしたので、その手前のまんざ公園の横にある第2駐車場に停めました。
第2駐車場は少々狭く、駐車しにくい場所があり、奥の方はバックで停める必要があります。
係員も居ないので、心配な方は第1駐車場へ停めた方が良いです。

バス

那覇バスターミナル辺りから乗ると便利かと。
那覇バスターミナルから万座ビーチ前までの乗換案内 – NAVITIME

万座毛にいた猫ちゃん
明仁天皇の歌碑 沖縄県万座毛
象の形に似せた素敵な石碑。2013年に建立。明仁天皇皇后両陛下の大御歌になります。万座毛に昔をしのび巡り行けば彼方恩納岳(あがたおんなだけ)さやに立ちたり平成24年11月に沖縄県で開催された第32回全国豊かな海づくり大会御臨席の機会に、恩納
恩納ナビー歌碑と巌谷小波句碑
万座毛の駐車場の近くにあったのですが、2020年にこの辺りは「万座毛周辺活性化施設」として開発され、移築された模様(それほど場所は変わっていないはず)恩納ナビー歌碑画像右手にあるのが恩納ナビー歌碑。奥に方にあるのが昭和5年に建立された「歌人
テキストのコピーはできません。