長崎新地中華街にある新地蔵跡

出島亭の角に建っています。

正しくは「新地荷蔵跡」というそう。焼失後、中国貿易の品を保管する荷蔵(倉庫)、荷役所、役人詰所を作るため、ここ新地に埋め立て地を増設。後の明治維新後に在留中国人が移り住み、今の形となりました。

燃えてしまった唐船20隻分(代銀3,377貫目分)は約67億円とのことで相当な被害だったことがうかがえます。

元禄11年(1698)後興善町から出火した火災は、隣接する22町に延焼し、樺島町や浦五島町の土蔵33棟に収納されていた唐船20隻分(代銀3,377貫目分)の貨物も全て焼失した。そこで、これらの荷物を火災等から守るため、元禄15年(1702)に2年の歳月をかけて新地が造成された。敷地は、東西は70間(約127m)、南北は50間(90m)、総坪数は約3,500坪のほぼ長方形で、12棟60戸の土蔵が建てられました。

安政の改革後、新地も変貌、慶応元年の幕府献納後は居留地に編入されました。