【宿泊記】関西の迎賓館 奈良ホテル【部屋・朝食】

お部屋は本館のツインルーム

広さは21.8平米。

創業時のマントルピース(暖炉)が残されています(現在は使用不可)。

このスチーム暖房、急に「カンカンカン」と甲高い金属音が鳴り響き、びっくり。

もちろん、ベルボーイに説明は受けてはいましたが、それでもびっくり。夜中1時~5時はボイラーが止まり、朝6時に運転が再開されます。軽く悩みましたが、どうも気になるので止めていただきました。フロントに電話をすれば笑顔で元栓を締めてくれます。その光景がまた良かったです。

窓の隅には簡易ドレッサー。

バストイレは普通のユニット。後付けのせいか狭かった。

後付けということは以前はどうしてたんだろう。大浴場ないし

アメニティには「奈良ホテル」の刻印がありとても素敵でした。

広さ20㎡にツインベッドとバストイレはとにかく狭かった。天井は高さのある「格天井」ですので、ゆったりとした印象を受けるのですが、やはり狭い。

角部屋でしたので天井高に合わせた高い窓が2か所設けられているのですが、片方は家具で塞がれ、クローゼットの片側は開かない(使わないので問題ないけど)。

コーヒーは有料。300円にはびっくり。

ぎっしり詰まった冷蔵庫の中身も有料。でもそんなに高くはありませんでした。ビール400円、ミネラルウォーター150円など。

微妙な浴衣。

外は駐車場でしたので撮りませんでした。古い建物ですが、廊下を歩く人の声や隣の声などは聞こえませんでした。

夕食

いつものように持ち込み。

もちいどの商店街にある岡西精肉店とスーパーで買ってきました。コロッケやカツが美味しかった。

朝食はダイニングルーム三笠

こちらも重厚感あふれる外観。店内には横山大観の作品が飾られています。

朝食は7:00~9:30まで。食卓には花が生けられており優雅。

興福寺の五重塔が見えました。感激。

和定食にしました。他にも茶粥定食と洋定食があり、料金は一律2,851円でした。アラカルトもあります。

焼き魚と玉子焼き。

フキのおひたし。

タケノコの炊き合わせ。奥にある茶色ぽいのがとても美味しかったのですが、、聞いたけど忘れた。

ご飯、お味噌汁、お新香。

素材の味を引き出した薄味でとても美味しかったです。春の到来を感じさせる素敵なお献立でした。

奈良ホテル【外観・館内・感想】