ならまち格子の家に行ってきました

奈良町の伝統的な町屋を再現している建物。
「ウナギの寝床」で間口が狭く奥行きの長いところが特徴です。

みせの間。

格子がたまらない。

自由に上がることができます。

箱階段。いわゆる階段箪笥。

階段を上がって2階へ。

中庭。

太い梁。

おくどさん。

吹き抜けになっていました。

格子フェチの私にはたまらない建物でした。
格子の家もにぎわいの家と同様に無料で見学することができます。

テキストのコピーはできません。