尻屋崎の公衆トイレにニホンアナグマがいた

尻屋崎に唯一ある公衆トイレ。

トイレに入ったら小動物が女子トイレから出てきました。
私もびっくりしたけど、相手も相当びっくりしたのか軽く飛び上がっていました。

最初に思い付いたのは「アビシニアン?」(いやそれ猫だし)
男子トイレに逃げ込む動物。動物園で見たことがあるような。

次に、身障者用のトイレに飛び込むも速攻で飛び出し、私と相方に挟まれ大慌て(人間も大慌て)
迷った挙句、相方の横をすり抜けて行きました(相方悲鳴&壁に激突)

かわいいけど、どうもねこ以外の動物の気持ちは分からないので近くに来ると怖い。良く見ると爪も鋭いし。

穴に逃げ込んだ模様。

いつの間にやら道路の方にいました。車も通るし心配。

Wikipediaによるとアナグマ科で冬は冬眠。巣穴で過ごす。時に擬死するとのこと。

ニホンカモシカはどこにいるんだよ

東北旅行で出くわした野生動物はニホンアナグマだけ。
青森県はニホンカモシカが有名のようですが1回も見れませんでした。

ニホンカモシカ
Kei hashi– 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 3.0, リンクによる Wikipedia

テキストのコピーはできません。