【宿泊記】近江八幡まちや倶楽部 別邸KOLMIO ベンガラの間

近江八幡 まちや倶楽部(旧:MACHIYA INN近江八幡)
【別邸KOLMIO】ベンガラの間 コンビネーションツインに泊まってきました!

昔の牛乳瓶の箱がかわいい。

1階の調度品

入るなりこの光景。格子マニアの私は震えました。

奥には金庫が。

ふと目をやると重厚な扉。昔は入口にしていたのかな?

のれんをくぐるとこの光景。

100年前の当時のまま!

左下には「おくどはん」
こういう流し台は正確には石ではなく「人研ぎ」された人工の石になります。このツルツル感が良いんですよねえ。欲しい欲しい。奥には井戸も残されています。

ここはちょっとした共有スペース。
電子レンジやグラスなどが置いてあり、フリードリンクコーナーとして使われています。

蔵もそのまま残されており「蔵の間」として泊まることができます。

昭和初期に使われていた冷蔵庫がたまらん。実際に触って開けたり閉めたりしてもOK
奥には「離れの間」があります。

お部屋(ベンガラの間)

1階この扉からプライベートスペースになります。

まずは1階にトイレ!

2階へ上がる階段部分には階段タンスが組み込まれています。トイレに行く度につい開け閉め。

階段はいまどきの普通のモノですが、ちょっと急です(手すり有)

2階に上がると目の前に洗面所。冷蔵庫や電子レンジも完備。

すりガラスがたまらん。

右手に6畳の和室があります。

木をスパッと切った感じの丸テーブルがかわいい。ここの部屋の窓からは表通りを眺めることができます。

ここで目に留まるのが錘(おもり)

この錘は現在は使われていませんが、元々はロープと滑車で繋がっていました。
ドアを開けると吊り上がり、自動でドアが閉まるようになっています。

試しに錘を持ち上げてみたのですが、びくともしませんでした。

おしゃれなコーヒーや紅茶がたくさん。夕食時にはお皿やカップも使わせていただきました。

その奥にはツインのベッドルーム。無垢の板が足に優しく心地よかったです。

小さめのデスクとハンガーもあります。

ここの障子は残念ながら開きません。椅子も結局座ってない…

お次はバスルーム。

天井は網代天井になっていました。おおおお。たまらんぜよ。

脱衣所は手前付近にあり、防水カーテンで開閉できます。

洗い場付近にはスノコが敷いてありました。お湯の出はあまり良くないなあ。

アメニティはオーガニックで作られた「はなとね」など。
石けんは良かったのですが、シャンプーとトリートメントは髪がゴワゴワというかフワフワというか。
個人的にはいまいち。

ドライヤーは「SALONIA(サロニア)スピーディーイオンドライヤー」
風量2.3㎥/minとのことですが、そこまで強いと思えない。普通かな。お値段的には良い方だけど。
とまあ、いつも使っているナノケアとつい比べてしまう。ナノケアが良すぎるんだよお。

夕食

うまー!備え付けの食器全て使って宴会。

揚げ物やサラダはかね吉で調達。

お酒はかね吉の道路を挟んでお向かいにある「さかえや」で買いました。
「ビールなら表の自販機の方が安い」と教えていただいたので自販機で買いました。ありがとう!

朝食

長くなったのでこちらから

実のところ「ベンガラの間しか空いていなかったのでこの部屋にした」のですが良かったです。
次回は本館に泊まりたい!

帰りにお土産もいただきました。スタッフの方がほんと丁寧で良い人で良かったです。
やっぱり宿ってスタッフのお人柄も大切ですよねえ。

テキストのコピーはできません。