雪子の家【拾って来た家-やがて町】北の国から

「2002遺言」で五郎が雪子のために建てた家。

家の基礎には、大型トラックの基礎が使われています。

天井には紙製の卵パックが敷き詰められていました。断熱や消音効果もあるとのこと。

居間。

台所スペースにはコルクが埋め込まれ、自動車の窓が明り取りとして使われています。

虫よけのネットがそのまま置かれていて、今にも帰ってきそう。

今も売られているとは。

電話ボックスで作られた勝手口。風除けも兼ねているとのこと。

大きい革のバッグが印象的。

アトリエスペースにあるスキーのゴンドラで作った出窓。

小さいキッチンがありました。すごくかわいい。

雪子さんの日常は、ニンゲルテラスの森のろうそく屋で働きながら、ろうそくの造形作品を作ったり、もらった古着を利用して裂き織物の小作品を作ったり、五郎さんの羊から毛糸を紡いだりしています

北海道

Posted by z